FC2ブログ
 

Life Begins at Forty

充実した50代を過ごす為に、何が必要かを探していきます
 
 
プロフィール

masaru.s

Author:masaru.s
自分の人生に折り返しがあると
するならば、今がそれにあたる
かもしれない・・・ 最近、そう
思う様になりました。40代は、
人生の折り返し地点かもしれま
せんね。

Life begins at forty

『人生は40歳から』
この諺にあるように、これから
の暮らしや生活の中で、少しだ
け気持ちを豊かにしてくれる様
な出会いを、皆さんと探してい
けたらと思っています。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム
FC2アフィリエイト

シチズンのアンティーク時計を手に入れたら 

なんだかんだで気が付いたらもうGW・・・ まぁまぁに忙しくてブログの更新もすすみませんでした。GWといってもまとまって休めるわけでもないので、ちょっと前に手に入れた時計の事を書いてみようと思います。

またまたメルカリで手に入れたシチズンの古い時計、アンティークと言ってもいいんでしょうね、文字盤には“リズム・タイム”と書かれています。いろいろと調べていくと、どうやら1960年代頃の製品の様子。後程詳しく調べる事にして届いた時計の確認をしていきます


【外装の確認】

RIMG2369.jpg

ベルトはバネで伸び縮みするタイプ、でも僕の腕には合わない様子ですが一応メンズサイズの様です。

RIMG2371.jpg

汚れもありますが、風防に無数の擦り傷がありますね。これらは清掃と研磨で何とかなるはず・・・

RIMG2373.jpg

裏蓋には製造ロットと機種が刻印されています。


【外装の掃除と傷落とし】

今回も中身には手を触れずに、外装のみの手入れをやっていきます。というより中身をいじれる程の度胸と知識と技術がないからなのですが・・・ とにかく簡単にリフレッシュできる事はやっていきます。

RIMG2374.jpg

バネ棒は新品へ交換~

RIMG2377.jpg

清掃等は行われて無かった様子、ベルトを外したら汚れが溜まっていました。まぁ、これらは想定内なので、清掃でなんとかできる範囲です。ケースと風防は以前紹介した方法で、磨いていきます。シロート作業でも結構綺麗になるので、中古品を購入する時には、ひと手間かけてあげるだけで随分と綺麗になるものです。


【ベルトの交換】

昔の男性みんな腕が細かったのでしょうか? 僕にはこのベルトではパンパンで食い込んでしまいます。ベルト幅は16mmと細い方なのですが、メッシュベルトを手に入れて交換してみました。

RIMG2429.jpg

RIMG2430.jpg


ケースと風防の磨きも済んで、最初の写真とは見違える様になりましたね。時計屋さんでお願いするとまるで新品の様に仕上げていただけるそうですが、我々のレベルでもここまで仕上がればOKですよね、古くなっていく事は仕方ないとしても、手入れをしてあげれば、まだまだいけると思います。


【時計の裏蓋からわかった事】

時計の裏蓋にはこのような刻印が打たれていました。

RIMG2381.jpg

この刻印の読み方について紹介されているページがありますので、そちらを参考にしてみるとどうやら1966年に製造された時計らしいと思われます。もしも正しい読み方を知っている方がいたら教えて欲しいものです。

自分の生まれた年から動いている工業製品は家にはありません。やはり壊れてしまったり古くなって使えなくなってしまって、捨てられていったのだと思います。そんな中でこの腕時計は50年前も現在も同じ時間を計り続けているなんて、すごい事だなぁと感心してしまいます。昔から自分の生まれた年代の時計には興味がありましたが、やはり程度の良いものは少し高価だったりもします。今回は偶然にも手に入れる事が出来て、ちょびっと運命的なものを感じてしまいました。

好きで集めだした機械式腕時計は、高級なものはほとんど無いのですが、愛着をもって接すれば一生使えるものが少なくない事がわかりました。クォーツ式やデジタル式の腕時計も、正確さと安さで多くの方に時計を所有する事に貢献しましたが、長く使えるという点では、やはり劣ってしまっている部分は否めないと思います。機械式の時計はメンテナンスをしっかりと継続してあげれば、この先もずっと使えそうです。また、この様なめぐり合わせが来ることを期待して、腕時計収集を続けていけたらなぁと思いました。



今回もポチッとお願いします。


人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

DELLアンバサダーになって、ノートPC 「New XPS13」 のモニターになってみた その2 

前回に引き続いて「デルアンバサダープログラム」のモニターとして、「New XPS13」の紹介をしていきます。まずは前回のおさらいから

【New XPS13 とは】

13インチのノートパソコンで、ストリーミングや映画を本格的に楽しむ事ができるという事をアピールしており、フレームレスディスプレイや、最高解像度が4Kが採用されている等だけでなく、この機種の特徴的な技術に「デルシネマ」と呼ばれるものがあり、映像、音、ストリーミングの技術に力を入れており、セールスポイントの一つになっています。

僕の現時点で使い方では仕事の提案書や資料の作成等が主になっていて、映像を見たりという事にはあまり使っていなかったのですが、外出先のカフェ等で見かける光景としては、ムービーや音楽を楽しんでいる方も珍しい事では無くなってきている事から、自宅でも映画館でもなく自分の気に入った場所に行って、音楽や映像を楽しむというスタイルにも対応しているのだと思います。

DEll NewXPS13の紹介ページ
https://dell-ambassador.com/products/xps/13_9370/


13インチのノートパソコンは、やはり持ち歩ける事、そして外出先で職場や自宅と同様に使える事が、一つの目的だと思います。いつも使っている「インスパイロン」は軽い方ではありますが、モバイルには向いてないと思っており、外出先で使う事はほとんどありません。なのでこの「New XPS13」を持ち出して、使ってみる事にしました。


【New XPS13 を持ち出してみた】

前回も紹介した通り、「New XPS13」は重量が1.23kgしかないので、持ち運びは苦になりません。インスパイロンが2kgくらいですから、半分より少し重いくらいですが、持ってみるとやはり軽く感じます。一日中持ち歩いても苦にならない重さではないでしょうか? 

バックに入れて外での仕事に使って見ました。外出先でWiFiが使えるところという事で、栃木市にできたスターバックスへ行ってみました。栃木市はスターバックス以外にもカフェが増えてきていますから、一度足を運んでみてくださいね。
DSC_0063-01.jpg

栃木市の様な地方都市にも、カフェが出来始めてきて、多くの方が様々なスタイルで愉しんでいるのを見かける様になりました。また学生が勉強をしたり、仕事や打合せをしている方も見かける事も珍しくなくなりました。

さっそく「New XPS13」を取り出してみます。
RIMG0002.jpg

二人掛けのテーブルですが、ちょうど半分を占めているくらいですね。これなら向かい合って2台で使っても大丈夫そうです。大きさの比較にスマホと腕時計を一緒に置いてみました。A4ノートノートより少し大きいくらいですから場所もあまり気にしないで済みますね、デルの紹介ページには“飛行機の座席テーブルにピッタリと収まるサイズ”との事だそうです。

RIMG0003.jpg

さっそく起動させてみました。ディスプレイのベゼル(淵の部分)が薄いのでモニター画面は大きく感じます。またキーボードのキー単体がいつも使っているインスパイロンよりも大きい事もあって、大きく感じます。

デイスプレイは鮮やかで視野角も広く、明らかにインスパイロンよりも綺麗に見る事が出来ます。インスパイロンは前モデルで仕事優先で選んだので、画質は拘りませんでしたが比較してみると、やはり「New XPS 13」が美しく見やすくできています。こうやって比較してしまうと欲しくなってしまうなぁ・・・


【New XPS13 を使ってみて】

まずは仕事で使うドキュメントの作成を、マイクロソフトオフィスは搭載されていませんでしたが、それに準ずるものを使ってみました。ディスプレイの大きさは確かに小さいのですが、自分で思っていたほどやり難さを感じる事も無く、インスパイロンから乗り換えても違和感はありませんでした。また画面が綺麗でハッキリと見える事から、、老眼が始まった眼でも見難さを感じる事はありませんでした。

店内のWiFiではスピードに関する不便さを感じる事はありませんでしたが、最近のPCやスマホで著しくスピードが遅いなんて事は感じなくなってきているので、当たり前なのかもしれませんね。

仕事での使い方ではなんら問題が無かったので、映像を見てみる事をトライしてみました。著作権の関係もあるので再生状態をここに映すことはできませんが、ムービーの再生についても何ら問題がありませんでした。ディスプレイでの再生を全画面表示に切り替えて、音だけはヘッドホンで再生さえましたが、非常に美しく再生できていました。「DELL CINEMA」という技術の中にある「CINEMA STREAM」という技術が、「通信パケットの最適化により、映像の遅延を軽減し、より高速でスムーズなビデをすとリーミングが可能にしているという」という事だそうで、それが効果を発揮しているでしょう。

そんな事をしている間に時間は過ぎて、コーヒーのおかわりをして2時間もパソコンを動かしていたのですが、バッテリーはまだまだ持ちそうです。カタログスペックでは21時間も持つという事なので、これくらいならなんら問題無しという事ですね。


【New XPS13 を使ったまとめ】

約1か月にわたって、「New XPS13」を使わせていただいたのだが、軽さと使い勝手が優れているので使用頻度は増えてしまった。ディスプレイの大きさが引っかかっていたのですが、慣れるとそんなに問題ではない事に気が付きました。今後の働き方や生活様式の変化を考えると、仕事をする場所やパソコンをどこで使うかという事についても、多様化してくる事が考えらます。その様な見方からも、バッテリーの持続時間と軽さについてはNew XPS13」がベストマッチであると考えられます。また、映像の再生技術と音響についても妥協することなく選ぶことが出来るのも、「New XPS13」の強みであると思いますので、様々な使い方に合わせられるのも良いと思います。

すっかり惚れ込んでしまった「Nwe XPS13」ですが、難点があるとすれば無い事もありません

それは、高級感というか質感と言っても良いと思います。

外装はアルミ材が使われており非常に美しく感じるのですが、開けた時に目に入るプラの部分については、若干見劣りを感じてしまうかもしれません。カフェなどでよく見かけるアップルですが「Mac Book」等は外装もそうですが、開けた時にも美しさを感じます。その点だけはもう少し改良が必要になるかもしれません。一度購入すると比較的長く使われる事が多いので、パソコンを開けた時の第一印象というのは結構重要だと思うのです。

あとは価格の面だけでしょうか、もう少し安いといいなぁと思うのですがデル社のラインナップでは、廉価モデルも多く僕も仕事で使っている「インスパイロン」はまさしくそういったモデルでした。そこまでの安さは追究しないまでも、もう少し買いやすいとありがたいと思いました。


今回、「デル アンバサダープログラム」に参加させていただき、自分でも興味のあるモデルに触れる事ができ、また多くの方に知ってもらう機会を得た事は、メーカーにとってもユーザーにとっても非常に有意義な事だと思います。今後もこういった取り組みは継続していたけるとありがたいと感じます。カタログスペックやCMだけでは伝わらない事が、体験できるとユーザーが多くなっていくと感じました。


今回もポチッとお願いします。


人気ブログランキングへ

DELLアンバサダーになって、ノートPC 「New XPS13」 のモニターになってみた その1 

商品の良さを、メーカー視点では無く実際に使用している側から紹介できる 「Dellアンバサダー」 というものに応募してみたところ、後日、デルより当選しましたとのメールがありました。今回は最新モデルの「XPS13」を使う機会を得たので、紹介していこうと思います。

ちなみに僕のパソコン遍歴というのはアップル→バイオ→アスース→デル→という流れて現在に至っており、最後に購入したのもデルの“インスパイロン”という機種です。主に仕事を中心に使っているのですが、大きくて少し重い事から、モバイルには向かないのが難点というところですね。


【New XPS13 とは】

13インチのノートパソコンで、ストリーミングや映画を本格的に楽しむ事ができるという事をアピールしており、フレームレスディスプレイや、最高解像度が4Kが採用されている等だけでなく、この機種の特徴的な技術に「デルシネマ」と呼ばれるものがあり、映像、音、ストリーミングの技術に力を入れており、セールスポイントの一つになっています。

僕の現時点で使い方では仕事の提案書や資料の作成等が主になっていて、映像を見たりという事にはあまり使っていなかったのですが、外出先のカフェ等で見かける光景としては、ムービーや音楽を楽しんでいる方も珍しい事では無くなってきている事から、自宅でも映画館でもなく自分の気に入った場所に行って、音楽や映像を楽しむというスタイルにも対応しているのだと思います。

DEll NewXPS13の紹介ページ
https://dell-ambassador.com/products/xps/13_9370/


【New XPS13 の外観インプレ】

約1か月間の使用期間を得たので、ユーザー目線で紹介していこうと思います。13インチのPCは以前にも使用経験があるのですが、いい歳になったオジサンには、小さめなパソコンはいろいろな面で使い勝手が悪くなってしまうもの・・・ モニターサイズやキーボードのサイズや配置は作業性にも影響が出てくるところですね。

現在使っているインスパイロンとの比較

今はモデルチェンジしてしまったインスパイロン(右側)との比較
RIMG0004.jpg

モニターの大きさは当然違うのだが、NewXPS13のほうがモニターを囲むベゼルが薄く、モニターを小さく感じさせないという利点がありますね、また、キーボードエリアの大きさは両機とも遜色ない大きさが確保されている様に感じます。

XPSの外観

RIMG0005.jpg

キーボードとトラックパッド以外の部分はカーボンの様な模様が施されており、手を置いた時の感触も悪くない。黄ばみ防止のUVコーテイングや防汚加工も施されているとの事

RIMG0006.jpg

キーピッチは19mmが確保されており、インスパイロンより打ちやすいかなと感じます。配置については特に違和感は感じなかったので慣れれば問題ないと思う。

RIMG0008.jpg

本体の左側、電源口とディスプレイポートだそうですが、最近のはこんなので良いんですね

RIMG0007.jpg

本体の右側にも電源口とディスプレーポートがあります。USBはCタイプとの事で心配なくらいすっきりしています。SDスロットもマイクロしか用意されていません。写真で撮るのを忘れてしまった(というか気づかなかった)のですが、スピーカーが両側に設置されていますが、ぱっと見だとスピーカーである事がわからないくらいのものがあります。

重量は1.21kgあるそうで、軽そうに見えて実はちょっと重いなと感じてしまいました。モバイルでの使用を考えると重量は1Kg以下のほうが良い様に感じますが、どうなんでしょう? バッテリーの駆動時間が19時間もあるという事なので、バッテリーが大きいのかもしれません。


【New XPS13 のスペック】

 プロセッサー  第8世代 インテル® Core™ i5-8250Uプロセッサー
 OS        Windows 10 Home 64ビット 日本語
 メモリ      8GB LPDDR3 1866MHz
 ストレージ   256GB PCIe NVMe SSD


最近のPCでスペックが低いなぁと感じる機種は少なくなったのではないでしょうか? 僕が使うには十分なスペックだと思います。ちなみにインスパイロンのメモリーは4GBだったので、さすがに8GBに増設しましたが・・・ それからこのモデルにはオフィスが搭載されてないので、仕事での利用よりは映像や音楽を楽しむ事から始めてみようかと思ってます。



今回は、ここまでの紹介になります。次回は実際に使って見てからの報告をさせていただこうと思っています。




今回もポチッとお願いします。


人気ブログランキングへ





store
Recommend






フリーエリア