FC2ブログ
 

Life Begins at Forty

充実した50代を過ごす為に、何が必要かを探していきます
 
 
プロフィール

masaru.s

Author:masaru.s
自分の人生に折り返しがあると
するならば、今がそれにあたる
かもしれない・・・ 最近、そう
思う様になりました。40代は、
人生の折り返し地点かもしれま
せんね。

Life begins at forty

『人生は40歳から』
この諺にあるように、これから
の暮らしや生活の中で、少しだ
け気持ちを豊かにしてくれる様
な出会いを、皆さんと探してい
けたらと思っています。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム
FC2アフィリエイト

納車日からトラブル発生 SUZUKI 250SB 

今年の初めに手に入れた「SUZUKU 250SB」ですが、安く手に入れたからというわけでは無いと思うのですが、自走しれ帰る途中に早速のトラブルに見舞われました。

購入に至る経緯はこちら
http://lb40.blog69.fc2.com/blog-entry-110.html


【納車に向けて確認しておきたい事】

納車時に確認しておきたいことは、購入時の条件が正しく反映されているかどうかだと思う。例えば整備についても、“現状渡し”なのか“車検・整備付き”なのか、また整備についてもどの程度までやってくれるのか? これらが契約時に確認しておきたい点です。僕の場合は納車の為の整備のみ=走行し通常の運転が可能という程度の整備契約だったので、のこりは自分でやろうと考えていました。納車時の整備内容は購入金額に反映されている場合が多いので、事前に確認しておく事は重要ですね

【整備内容について】

確認しておきたいのは以下の項目に分かれると思います

1.エンジン
2.ブレーキ関連
3.サスペンション
4.駆動系
5.タイヤ
6.外装

これらの機器類の状態を、正確に判断する事は我々シロートには難しいと思うので、これらの部分は販売店に様子を判断してもらって、購入前に整備を済ませておくかどうかを決めておけば、納車後も安心できると思う。僕の場合はこれらを最小限に抑えてもらって、のちに自分で行う事として契約しました。上記のチェック内容は以下に

1.エンジン
エンジンがしっかりしてない以上、走る事もできないのだから当然確認すべき装置ではありますが、何を見るべきなのか? 
まず外装に汚れが無い事、オイル漏れや冷却水漏れは論外、またバイクが古かったりすれば多少のオイル滲み等はある場合があるので、販売店に聞いてみるか事前にオーナーの声を聴いておく必要があると思います。次に異音、これもよほどの変な音がしていないかぎり、シロートに聞き分けるのは難しいかもしれないので、出来れば同型車種のエンジンも始動してもらい比較してみるのも良いかもしれないですね。最後に点火プラグとオイル&フィルターの交換時期と銘柄はチェックしておいた方が良いと思います。

2.ブレーキ関係
パットの減り具合とブレーキオイル交換のタイミングは最低でも確認したいところ、また社外品のホースが付いている場合は取付状態も見ておくと良いかもしれません。車検の無い250cc以下のバイクはオイルが汚れたままだったりパッドの厚みが無かったままなんてこともあるかもしれませんね。今回は納車に向けて交換していただいたとの事

3.サスペンション
これも外観からしかわからないのですが、前後のサスペンションをストロークさせて、オイル漏れなどがなければとりあえずは良しとしたい所です。調整用の工具が車載工具に揃っているかも確認を

4.駆動系
主にチェーンとスプロケットになると思います、チェーンが伸び切っていたり動作が固い部分が無いか、またスプロケットが極端に減っていないかどうかも目視で確認

5.タイヤ
走れるだけの山が残っているか、また前回の交換時がいつなのかがわかるとありがたい。僕の場合、遠くのショップで購入したのでタイヤの状態を聞いたのですが、明確に答えがもらえなかったのと、写真を送ってもらったのだが実際とは少し違った位置から撮影されていたので、後にタイヤ交換する事になってしまいました。

6.外装
キズや傷み具合は購入以前に確認済とは思うけど、念のため取付部周辺などは調べておきたいですね

当然ながら僕は整備士でもなければ、バイクショップの店員でもないので、あくまでも外観的な部分からしか判断ができないのですが、それでもかなりチェックする事が出来ると思うので、購入前には観ておく事をお勧めします。また納車までにどこまで整備してもらえるのか。、その費用はどうなってるかも確認が必要です。

【納車後最初のトラブルはその日のうちに】

事務手続きを済ませ、自走して栃木へ帰ったのですがその途中でトラブルは発生しました。東京のショップから自宅までは100数キロあるのですが、75km程走ったところで、スピードメーターが動かなくなってしまいました。以前同様のトラブルの経験があって、“ヤマハSRX400”を中古車で購入した時に同様の事が発生たのです。その時の原因は、タコメーターのケーブルがメーターへの接続部分で緩んでいたというものでした。今回は同じシングルエンジンとは言っても、そこまで振動は激しくないし、260SBにはそもそもタコメーターが無いので、電気的な接続部分を疑ってみたのですが、目でわかる異常は見られませんでした。

こんな時、スマホで検索できる現代はありがたい。どうやらフロントホィールから回転の信号を読み取って、スピードメーターに表示をしている様子、その検出部部が樹脂製で壊れる事があるとの事らしい、どうやら同じ症状の様ですね。

取敢えず自宅まではその状態で帰ってきたのですが、すぐに販売店に連絡するとやはりその症状らしいとの事、すぐに部品を送ってくれたので翌日には交換する事ができました

写真はピンボケですが雰囲気が伝わればと思って掲載しました。樹脂製フランジが割れています。
RIMG2054.jpg


こちらが新品の部品、樹脂ホイールが金属製になっています。
RIMG2050.jpg


交換自体は難しくないので、自分でやりましたケーブル支持の部分が合わないのはしかたないですね
RIMG2053.jpg

【納車時のトラブルまとめ】

今回は、走行不能になる様な大きなトラブルでは無く、また販売店さんも誠意をもって対応していただいたので、すぐに解決する事ができましたが、古いバイクを安く買う事はリスクが伴います。バイクの購入にかかる費用とこういったトラブルや後の整備に掛かる費用もみて予算を組む必要がありますね。

近年、クルマやオートバイは電子制御が進み、始動が楽になったり操作や運端を補助してくれるなど様々な恩恵を得られています。もちろん技術の進化を否定するつもりはありませんが、古いクルマやオートバイには一台一台に個性がある様に感じます。ドライバーやライダーが機械や装置の特性を知って操縦していく楽しみというのは、古い乗り物全てに言える楽しみなのかもしれません。


今回もポチッとお願いします。


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

胆石症になってしまった僕 その2 

手術は4月24日に決まった

生まれて初めて手術というものを受けるのだが、心配しても仕方がないので無事に済むことを考えていた。以前紹介した食生活を続けていたので、その後の痛みもなく、体重の方の減少も横ばいになり72.5kgとなった。多い時で88kgもあったので、僕を知る人からは心配で声掛けしてもらう事は多かったが、健康のための事を続けたら体重が減ったよと伝えると、納得してもらえた。

【手術前の準備】

書類や手続きもいろいろあったのだが、肺機能を鍛えるとの事でスーフルという器具を購入して訓練する事になった。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

呼吸機能回復訓練器 スーフル
価格:6156円(税込、送料別) (2018/8/13時点)



これに息を吹き込んで肺機能を鍛えるというもの、容器の下に弁がついていて排気圧力の調整が出来る様になっている。一番抵抗が大きいものに設定しても、健康な人にはあまり抵抗に感じないかもしれない・・・ とりあえず、これを使って肺機能の強化を図った。

【入院から手術まで】

前日に入院し、既に準備は整っている。やる事もないので読書に時間を使う事ができた。こんな時に電子書籍はありがたい、過去にkindleにダウンロードしてあった本を一気の読むことができた。僕は個室利用では無かったのだが、有料のテレビと棚が備え付けてあるだけの一般的なもの、今後はwifi等の利用も出来る様になると便利になると思う。談話室はwifiが解放されていたので、ちょっとした仕事のやりとりは、そちらで出来るのはありがたかった。

そして手術の日を迎える、内視鏡を使った術式でもしも困難な時には開腹手術に変更すると聞かされていた。数時間で終わる比較的簡易な手術なのだという、麻酔も初めてだがあっという間に意識が無くなってしまった・・・

手術は無事に終了し、気が付いた時は病室だった。ちょっとお腹に違和感があるなと思ったら、内視鏡では難しいと判断されて開腹手術に変更されていた様だ。それだけ状態が酷かったのかもしれない、先生から胆嚢から取り出した“石”を見せたもらったが、写真フィルムのケースサイズの容器に、入りきれないほどそれは取り出されたとの事、自分の不摂生と人体の不思議を感じる良いサンプルだ、お見せするにはグロいのでひかえておく

その後は順調に回復し、歩行訓練や食事を取り始めたりと7日程度で退院する事が出来た。開腹後の縫合も今はホチキス?の様な物で施されていて、後に簡単に抜糸?する事ができた。退院後はデスクワークからスタートし、徐々に仕事の負荷を増やしていった。3か月間は激しい運動も控える様に指示を受けていたので、それに合わせる様に仕事の負荷も増やしていった。手術前の“スーフル”でのトレーニングについては、効果があったのか無かったのかは実感できなかった。そんなに肺機能は低下してなかったのかな?

【その後の経過は】

食事制限は無くなったものの、今までの生活を反省し油っぽいものは控える様になった。野菜を多めにとる事とよく噛む事は今も継続しているが、体重は少し戻った程度でなんら変化は無い。もちろん傷みも発生していない。スーツや作業着がユルユルになってしまったが、もうこのサイズに戻る事は無いだろう。

今後痛みが絶対に発生しないとは言い切れないとの事、今の状態をキープしていればもうあの痛みは経験する事は無いと思う。なぜここまで酷くならないうちに気が付かなかったのかと、反省する事も多いがそれを今後の自分の生活に活かしていこうと思っている、胆嚢が無くなったことによる体への変化は特にない様子、ごくごく普通の生活を送れている。

日常生活に戻れたことのありがたさは、この経験がないとわからなかった事でもある。そういった事から見れば良い経験になったのだと思う。


今回もポチッとお願いします。


人気ブログランキングへ

ボッシュのワイパー “エアロツインJフィット” が既存のワイパーより優れていた。 ボッシュプレミアムアンバサダーからの報告 

僕の住んでいる関東地方も梅雨入りしたそうで、特に今日なんかは梅雨らしい天気になりましたよ。雨が続くのは賛成できないのですが、少しでも雨の日が快適でいられたらなといつも考えています。できれば自宅で読書でもしていれば良いのでしょうが、外出しなければならない時もあります。特に地方ではクルマでの外出はマスト、運転にも気を遣う事は多いのですね


【ワイパーの交換をしてみたものの】

雨の日は視界が雨で遮られるますし、滑りやすい路面状況でもあるので運転には特に気を使います。自分の存在に気付いてもらえるようにライトも点灯し、ワイパーで視界確保しています。でも、このワイパー、しっかりとメンテしていますか? 僕も今年車検だったので自分でブレードゴムだけ交換したのですが、車検までほったらかしなんて方も多いのかもしれません。また、交換はしたものの、ブレードとアームの相性が悪く、ふき残しやブレードのビビりが出たりという事がありました。


【ワイパーについての基礎知識】

ワイパーについては雨や雪の時に使うって事だけで、意外と知らない事が多いのでは無いでしょうか? 僕も何も知らずに使っていたのですが、今回「ボッシュプレミアムアンバサダー」に任命されて、ワイパーについて知る事ができました。

ワイパーの型式には大きく二つあります。一つが「トーナメントタイプ」でこれはブレードを支える部分がトーナメント表の様に見える事から名付けられたそうです。僕のクルマ(ホンダ・ストリームRSZ)もトーナメントタイプででした。
RIMG2193.jpg

もう一つの方式が「フラットタイプ」で、この形式はボッシュが特許を取得しているとの事でした。ブレードを一点で抑えるのが特徴です。ガラス面に均一に力が加わる事で、ふき残しやムラが無いとの事です。
RIMG2174.jpg

今回、このフラットタイプのワイパー「エアロツインJフィット」をテストする機会を得たのですが、僕のクルマは2007年度登録のホンダ・ストリーム、現在はもう作ってないクルマです、でも僕のクルマに合うワイパーが存在していました。ボッシュではかなりの車種に対応出来る様にしてあるとの事でしたので、検索してみると良いと思います。

ボッシュエアロツインJフィット+を検索 https://jp.bosch-automotive.com/ja/aerotwin-j-fit-plus



【ワイパーの交換にチャレンジ】

ワイパーブレードの交換はやったことあっても、アームごと交換するというのは経験ない方が多いかもしれません、でも思ったより簡単にできるので、交換方法について紹介します。

1.交換の準備

ブレードを起こすのですが、バネの力で窓に戻ろうとするので念の為に窓に何か敷物をしておくと良いと思います。今回はボッシュさんからいただいたマットを敷いて作業開始です。
RIMG2169.jpg

2.ワイパーアームからの取り外し

アームの先端に引っかかる様に固定されてるので、ちょっとちからを加えると取り外せます。
RIMG2171.jpg

RIMG2172.jpg

思ったより簡単に外れました。

3.エアロツインJフィットの取付け

ワイパー側の取付部にカバーが付いているので、それを開けて先程のアーム先端を通してひっかける様に固定します。
RIMG2175.jpg

RIMG2177.jpg

そしてカバーを元に戻せば完了です
RIMG2178.jpg

慣れていれば、ここまで5分程度で完了します。同様にもう一方のワイパーも交換します。

交換後の様子、違和感無しですね。
RIMG2189.jpg


【エアロツインJフィットのインプレ】

ちょうど交換した次の日が雨だったので、早速に試すことができた。結論から言うと「エアロツインJフィット」に交換して大正解! 以前のものは、ワイパーブレードと窓とも密着が良くなかったせいか、ふき残しの部分があり、またワイパーを動かす度に、ビビりが出ていました。またブレードの内部にある金属バーが動作中に出てきてしまう等、問題が多く出ていました。これらを全て解決できたのが「エアロツインJフィット」です。視界が確保できて運転中のストレス軽減につながりました。

あとは天候への順応性と耐久性が課題になると思いますが、これらは時間をかけて確認していこうと思います。


【ボッシュ プレミアムアンバサダー】

今回ボッシュ社に提供を受ける事になったのは、僕が「ボッシュ プレミアムアンバサダー」のモニタープログラムに参加させてもらっているからです。5月末にボッシュ社にてキックオフミーティングがあり、僕も出席してきました。
IMG_20180527_133624.jpg

アンバサダーの役割と今後の活動の説明を受けたあとは、ウェルカムパーティーに出席し他のアンバサダーメンバーと交流を深めてきました、写真はパーティーに出された特製ケーキ、撮影後にメンバーとスタッフで食べてしまいました。これから約1年にかけてボッシュ社のカー用品を紹介していく事になります。僕自身もカー用品だけでなく、電動工具でもお世話になっているので、アンバサダーとして選んでいただいて嬉しく思っています。
IMG_20180527_163953-01.jpg

#bosch_pam


今回もポチッとお願いします。


人気ブログランキングへ
store
Recommend






フリーエリア