FC2ブログ
 

Life Begins at Forty

充実した50代を過ごす為に、何が必要かを探していきます
 
 
プロフィール

masaru.s

Author:masaru.s
自分の人生に折り返しがあると
するならば、今がそれにあたる
かもしれない・・・ 最近、そう
思う様になりました。40代は、
人生の折り返し地点かもしれま
せんね。

Life begins at forty

『人生は40歳から』
この諺にあるように、これから
の暮らしや生活の中で、少しだ
け気持ちを豊かにしてくれる様
な出会いを、皆さんと探してい
けたらと思っています。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム
FC2アフィリエイト

タイヤとアッパーカウルの交換 「SUZUKI 250SB」 

気になるところは多いものの、すこしづつ手を入れております。
更新が追いついていませんね、夏に実施した事を今頃書き出している次第・・・ 

副業報酬が入ったので、特に気になっていたタイヤ交換に着手する事にしました。現在装着されているタイヤは純正品なのか交換されたものなのかは不明です。以前も書きましたが、減りはそんなにでもないのですが、クラックが酷くサイド面だけでなく、走行面にも大きなヒビが出てきましたので、このまま使い続ける事は危険です。


250SBはチューブタイヤなので、選べるタイヤも限られてきます。今回はチューブレスへの変更はせずに、チューブタイヤでの交換を行いました。またフロントカウルも劣化していたので、交換してみました。



【タイヤの交換準備】

タイヤの交換はもう随分と前の事なので、工具も残っていませんでしたし記憶も曖昧で少し自信がありません。でも、いい時代になったものでYouTubeには多くの交換事例が出ているじゃぁないですか、それらを参考にして交換の流れをインプットして、まずは工具の調達からスタートです。

チューブタイヤの交換には以下の工具が必要になります。

1.タイヤレバー
2.リムカバー
3.ビードワックス

レバーだけあれば交換も可能の様ですが、ホイールにキズを付けたりしない様にカバーもあったほうが良さそうですし、タイヤを組み込む時にはビードワックスかそれに準ずるものがあった方が良いと思います。今回は1と2は購入しましたが、3についてはタイヤのつや出しスプレーを代用しました。

次に交換するタイヤを交換する為に車体を浮かせます。
RIMG2154.jpg

もともと高価なタイヤは望んでいなかったので、グリップとライフを優先にしたタイヤを検討していました。先に書いた様に、チューブタイヤでモタードに履ける=オン・ロード用タイヤは種類が限られてきます。

今回購入したタイヤは 「IRC ROAD WINNER RX-01」
RIMG2150.jpg

そしてチューブも一緒に購入しました。いつ頃交換されたのかは不明でしたので、後々のトラブル防止の為ですね
RIMG2152.jpg



【チューブタイヤの交換】

交換の手順はYouTubeで確認済なので、さっそく作業に取り掛かります。まずは車体を浮かす事から、クルマ用のジャッキを利用してフロントタイヤを浮かせます。ホイールの取り外しはそんなに難しくありませんが、スピードセンサとブレーキには注意した方がよさそうですね。

まずはタイヤの空気を全部抜き、それからタイヤのビード落としを行います。ホイールが傷つかない様に、レジャーシート等を敷いて、タイヤを踏みつけていくとタイヤの淵がホイールから剥がれた状態になります。

次にホイールのリムにカバーをつけてタイヤレバーを差し込みます。2本のレバーを使ってタイヤをホイールの外に引き出しますが、慣れないと難しいかもしれませんね。コツを掴むまでは難しく感じるのですが、ある程度のところまで外せるとあとは簡単に外すことができます。タイヤが外れたらチューブも一緒に外します。パンクの跡等は無かったのですが今回は交換する事にしています。

チューブを交換してタイヤを組み込みます、大変なのはここからかもしれません。
RIMG2157.jpg

というのも、タイヤをリムの内側に入れるのには、少々コツがあるようで簡単には入りませんでした。レバーを使ってテコの原理を使って入れていくのですが、最後がなかなか入らないのです。結局は入ったのですが、タイヤ全体をつぶすように力を加えて、あとはレバーで入れていく・・・ そんな感じです。YouTubeとかを参考にされると良いと思います。

前後共に同様に作業を進めていきます。特に前後でやりやすさ等は変わらない様です。

フロント側交換終了 
「IRC ROAD WINNER RX-01」  110/70-17
RIMG2158.jpg

リア側も交換終了 
「IRC ROAD WINNER RX-01」 130-70-17
RIMG2163.jpg



【アッパーカウルの交換】

こちらの車体、アッパーカウルも紫外線でボロボロになっていました。
RIMG2132.jpg

パテとかで修繕してみようかとも思いましたが、かえって高くつきそうなので、新品へと交換を行いました。
RIMG2131.jpg


こちらはビスで固定されているので、取り外しは簡単です。
ライトからの明かり漏れと風の巻き込み防止に、ラバーシートが貼られていますので、そちらも同じように貼り付けていきます。
RIMG2136.jpg

交換完了!
RIMG2138.jpg

長く乗ろうと思っているので、多少の出費は仕方ないかなと思っています。特にタイヤは安全の肝になるものですから、古くなったままで乗り続ける事はライダーとしても失格ですね。



【タイヤとカウルの交換のまとめ】

昔、トレール車に乗っていた時にタイヤの交換経験があったけど、30年ぶりに行ってみたら交換方法が当時と変わってなくて、変化の激しい時代に、なんだかホッとした気分になりました。プロに任せるのも良いけど、自分でなんとかしてみるという事が、バイクに乗る楽しさの一つ、そんなに難しくない事であれば、自分で出来る事も結構あるもんだ。タイヤを変えたらまた乗り味が変わって今度はサスペンションに手を入れたくなってしまった・・・

樹脂の外装パーツは傷みやすいもの、今回新しくしたカウル以外にも、サイドカバーにもクラックが見つかったので悩ましい所です。メルカリやヤフオクで探してみるというのも良いかもしれませんね


今回もポチッとお願いします。


人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

ボッシュプレミアムアンバサダー企画の3回目は「ハイテック・プレミアム・バッテリー」の交換 

年度末というのはどうして忙しくなるのでしょう・・・ と、毎年言ってしまいますが、それは自己管理ができてないからですな

ブログのネタはあっても、なかなか更新につながっていません

まぁ、それらは書き溜めているので、コツコツと更新していく事にします。


今年度、「ボッシュ・プレミアム・アンバサダー」に選んでいただいて、ボッシュ社の製品を使わせていただく機会を得ました。今回はその3回目になります。ちなみに過去に紹介したのは

1.ワイパーブレード
2.エアコンのフィルター

3回目は「ハイテック・プレミアム・バッテリー」です。


【バッテリーについて】

現在の僕のクルマは、ホンダのストリームで2007年車です。今年も車検を受けましたけど、長く後続けていると傷みが出てきている部分もある様子です。それらは今後修繕していくつもりですが、定期的な交換が必要なものもありますね、オイル類の効果やブレーキパットの類もそうですが、バッテリーもいつかダメになってしまいます。

バッテリーの寿命はどの位なんでしょうか? バッテリーについて事前のミーティングでエンジニアの方に聞いてみたところ、使い方にもよるそうですがだいたい「2年~3年」という事だそうです。自分のクルマに当てはめてみると、2007年から2018年の間に2、3回交換しているので、3年くらいは使えている様です。

バッテリーについての基礎知識として以下の様なものがありました。
 ・バッテリーのあがりは11月~3月が多い
 ・JAFへの依頼の中でバッテリーのトラブルが30%~40%を占める
 ・バッテリーは寒さに弱い
 ・バッテリーがダメになるのは経年劣化と放電によるもの

自分のカーライフからも、これらは間違ってないと感じました。


【ボッシュ・ハイテック・プレミアムバッテリー】

今回提供いただいたのは「ハイテックプレミアムバッテリー」です。
RIMG2440.jpg


他社のバッテリーと比較して、次の5つの特徴があるという事です。
 1.Enhanced Flooded Batteryテクノロジーを採用
 2.アイドリングストップ車に最適
 3.上面に液栓がないトップフラット特殊電解液還元構造
 4.充電制御車にも最適
 5.高性能ファインメッシュハイティングリッド採用

近年のクルマはバッテリーへの負担も大きくなっている事から、そういったクルマにはピッタリと言えますし、また私の様な長年使っているごくごく一般的なクルマにも合うバッテリーとの事です。

詳しくはボッシュ社のHPへ https://jp.bosch-automotive.com/ja/hightec_premium

交換前に使っていたバッテリーは実は「再生バッテリー」でした。一旦ダメになったバッテリーを使える様に再生して再利用する、なんだか地球環境にもお財布にも優しいのでは? と考えていましたが、ボッシュのエンジニアの方から話を聞くと、すべてが悪い訳では無いにせよ、あまりお勧めできないとの事でした。ちなみに再生バッテリーとして購入して今迄使っていたのはこちら
RIMG2443.jpg

僕の年代だとクルマにお金をかける場合、オイルとタイヤとバッテリーはケチるなと聞かされた?世代でもあります。今回はテスト的に再生バッテリーを使って見ましたが、なんとか使えていた様子・・・ ただこれも使い方によると思いますので、再生バッテリーでも良いという事にはならないでしょう。


【バッテリーの交換】

今回のバッテリー交換は、ユーザーが自分で行うものでは無くボッシュ社から指定された整備工場にて行います。今回交換を行ってくれたのは「ステラ・モータース」さんです。
RIMG2442.jpg

いつもは自分で行うのですが、今回は全てお任せです。やはりプロは手際が良くあっという間に交換が進んでいきます。お邪魔にならない様に写真を撮らせていただきました。
RIMG2444.jpg

交換前後にバッテリーのチェックも行っていただいたのですが、2年くらい使った「再生バッテリー」は要交換との表示が出ていました。確かに今年車検の時にも交換を進められていたのですが・・・ 


【バッテリーの交換後】

バッテリーというものは徐々に劣化していくようなので、毎日乗っていると少しの変化だと気が付かないのかもしれません。実際にバッテリーチェックでは異常とでていたのに、平気で使っていましたが、交換後はやはり明るく感じます。またエンジン始動時のセルモーターが力強くなった感じがします。

交換は12月の初旬だったのですが、最近の朝の冷え込みでも始動時の変化は感じられないので、やはりバッテリー交換の効果は出ているのだと思います。あとはライフがどのくらい持つのか・・・ これは時間をかけて確認していくしかありませんね。


【ボッシュプレミアムアンバサダーに参加してみて】

以前からカー用品や電動工具で知っているメーカーである「ボッシュ」の製品を使う機会を得て、カー用品への取組み研究の成果を知る事が出来たことは、クルマ好きとしても貴重な経験をする事が出来たと思う。数あるカー用品の中で、世界に通用する製品として、これからもボッシュの製品はユーザーから支持を得られるだろうと思えるのも、製品や品質が良いというだけでなく、こういった活動でユーザーやカスタマーへ知ってもらう事もその一つだろうと感じた。今年度はこれが最後の報告になるが、また次年度にもこの様な機会があったら、是非参加してみたいものだ。


今回もポチッとお願いします。


人気ブログランキングへ

メルカリで古いタイメックスの腕時計を手に入れたのですが・・・ 後編  

前回お話しした古いタイメックスですが、シロートなりに出来る事をもう一度確認してみます。

・清掃
・ケースのキズ取り
・風貌のキズ取り
・ベルトを使えるものに交換

おそらくこの程度は僕でも出来そうです。中身もメンテされてないと思われますが、ここから先はプロに任せたほうが良さそうです。いつかは自分でやってみたいという願望はありますが、道具も知識も乏しいので今は我慢ですね。

ベルトは前回外して超音波洗浄機で洗ったのですが、本体はそうはいきません、手作業でキズ取りをしていきます。


【ケースのキズ取り】

用意したのは紙やすりとコンパウンド、それに電動のリューターです。リューターは高速でパワーのあるものだと削りすぎてしまう事もあるかもしれないので、電池式のものを使いました。女性のネイルでつかうものだそうです。

RIMG2226.jpg

やすりで削られたような傷は、ペーパーのやすりで少しづつ傷を落とすようにしていきます。目の粗いものから細かいものにかえて他にキズが付かない様に慎重に作業を進めます。

ある程度やすりをかけて大きな傷が目立たなくなったら、リューターで仕上げます。コンパウンドは以前カー用品で購入した“ソフト99 コンパウンドトライアルセット”を使いました。3種類あるので粗いものから細かなものに切り替えていきます。



最後の仕上げにはバフと“青棒”を使って磨いていきます



RIMG2224.jpg

キズを完全に落とすには鍍金を剥がすことになります。真鍮の下地が見えてしまっていますが、やすりの跡も無くなりツルツルになってきました。打痕は取り切れないですね、諦めも肝心です。

RIMG2223.jpg

ケースの逆側も同じように仕上げていきます、やすりの刺々しい感じは無くなりツルっとした感触が見てわかります。ケースのキズは大体取れて指で触っても引っかかるところがありません


【風防のキズ取り】

風防についても同様に行います。特に昔のモデルは風防が樹脂製のものも多く、表面についた傷なら落とす事も可能ですが傷の深いものは全部取り切ろうと思わずに、まあまあのところで抑えておくのが良いと思われます。

RIMG2228.jpg

手に入れた時の傷だらけの風防も綺麗になりました。こちらも磨き過ぎには注意が必要なのでホドホドにしておきます。シロートにはこの程度が自分で手を入れる限界ですが、それでも何もしないよりかは全然違ってきます。本来なら傷だらけにならない様に使っていただくのが一番良いのだとは思いますが、長年使っていれば傷つかないほうが難しいのだとは思います。それでもこのレベル程度までなら、我々シロートでも十分に修復も可能ですね。


【ベルトの交換】

メタルベルトからメッシュのベルトに替えてみましたが、なかなかいい感じですよ
ケースサイズは35mmなので、男性でも女性でも合いそうです。

RIMG2221.jpg



【古いタイメックスについてのまとめ】

今回メルカリで手に入れたタイメックスは随分と古いものでした。時計機能としては大きな問題も無かったものの、ケースにやすり掛けされたような傷のある個体でした。実際に購入した金額も2千円程度でしたが、キズを取って磨き込むだけで、自分の中での価値はグッと上げる事ができました。程度の良い個体が欲しい方はアンティークショップでの購入を勧めますが、機械やモノに愛着を持てる方なら、こういった所で購入して自分で手を入れるというのも、楽しみ方の一つではないでしょうか? でも時計を愛する者としてはやすり掛けなどせずに、普段使っていく中で自然に付いたのキズだけにしておいて欲しいものです。

時計の年代は1973年製でした。45年前の時計にしてはしっかり動いています
誤差は出ますが日常で使える範疇ですね。


今回もポチッとお願いします。


人気ブログランキングへ

store
Recommend






フリーエリア