FC2ブログ
 

Life Begins at Forty

充実した50代を過ごす為に、何が必要かを探していきます
 
 
プロフィール

masaru.s

Author:masaru.s
自分の人生に折り返しがあると
するならば、今がそれにあたる
かもしれない・・・ 最近、そう
思う様になりました。40代は、
人生の折り返し地点かもしれま
せんね。

Life begins at forty

『人生は40歳から』
この諺にあるように、これから
の暮らしや生活の中で、少しだ
け気持ちを豊かにしてくれる様
な出会いを、皆さんと探してい
けたらと思っています。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム
FC2アフィリエイト

今年最初は “セイコーファゾムズ” セイコー5スポーツ SNZH55JC 

年始から入院になってしまうというスタートでしたが、なんとかこうしてブログを綴っております。50を過ぎたら健康には注意しないといけませんね

以前、僕がもっていたセイコーファイブを譲ってしまったので

また、セイコーが欲しいなぁと思っていたところ

やられました・・・

一目見てから、熱病の様にその魅力に囚われてしまったのです。


■SEIKO 5 SPORTS SNZH55JC



ダイバーズ風の姿をしておりますが、本格的に使うのはお勧めできない様子。というのも裏蓋はねじ込み式なのですが、竜頭はねじ込み式では無いので、水がかかっても大丈夫くらいに考えておくのがよさそうです。


■何故にファゾムズと?

時計好きには広く知られているメーカーに “ブランパン” という会社があります。そこから出ているモデルに “フィフティファゾムズコレクション” というのがあってそれに、セイコー5スポーツSNZH55JCがそっくりなのです。なので勝手にファゾムスと呼んでいるのです。

ブランパン社のホームページ
https://www.blancpain.com/ja/category/collections-2

価格も一流なので、セイコーが140本くらいは買えちゃうのではないでしょうか?


■開封~確認

RIMG1982.jpg

セイコー5シリーズは、どちらかといえば一般の人にも購入しやすい価格帯ですね、でも、この様にしっかりとした造りの箱に入れられてくる事が、セイコー社の自信の表れの様な気がします。 “安い=チープ” ではない事を表していますね。

RIMG1983.jpg

時計の梱包状態もグッド! 高級感があって良いと思います。ユーザーに大切に使おうという気にさせてくれます

曜日の表示は “英語” と “アラビア語?” が選択できますが、もちろん英語表示を選択、ちなみに僕は他のセイコーで日本語が選べるときは、日本語表示を基準としています。一通りの外観チェックを済ませたら、ベルトの調整に入ります。


■ベルトの調整

最近は、ベルトの調整器具までも100均で購入できるようになっています。いったい誰が買うんだろうかと思っていたのですが、買って使ってみました。ダイソーでは300円で販売していましたよ

RIMG1987.jpg

300円の工具で時計のベルト調整が可能なのか? この疑問には出来るものもあるというのが答えだと思います。今回のセイコーはベルトの継ぎ目はピンの圧入なので、方向を間違えない様にすれば取り外しは可能です。

RIMG1989.jpg

向きを確認したら、ピンをあて付属のハンマーで少しづつ叩いていきます。するとベルトの反対側からピンを抜く事が出来ます。必要な長さに切り離したら、ベルトを逆にしてピンを打込みます。もとから入っていた分くらいまで入れば十分でしょう。

100均の工具では心配だという方には、時計のメンテナンスキットの購入をお勧めします。



当然ですけどベルト自体のつくりはあまり良くない思います。チャラチャラと金属音がするので、気になる方は社外品に交換するのも良いと思います。僕は二コマ取って丁度良いサイズ

RIMG1990.jpg


■やっぱり買って良かった

最近は価格が安いものだけが注目されていて、同じ時計機能だけなら100均で購入が可能です。そんな中で価格とデザインのバランスが取れているのが、セイコー5等の魅力ではないでしょうか? 機械式時計で1万円程度で購入できる事は嬉しくもあり、有難い事でもあります。

RIMG2141.jpg

近くで見ると、本当にいいデザインだなぁと感じます。ガラス面が緩く盛り上がっていて、周囲のベゼルも平坦なデザインでない事がわかります。本格的なダイバーズウオッチではないのでベゼルもこれくらいが丁度良いですね、経過時間くらいしかわからいですけど十分だと思います。

以前紹介したチプカシも日本製品としての良魅力があると書きました、機能に特化して無駄を取り除いた究極の姿、そしてその魅力がチプカシだと思います。一方こちらは所有し日常で使う事に魅力がある時計と言えます。名門の時計にないフレンドリーさもこの時計のな魅力の一つです。残念な事があるとすればこちらは海外からの逆輸入となっている事、時計をする必要が無くなったり、スマホで十分といった環境の変化によって、日本国内の時計市場も二極化していまっていて、この様な魅力的な製品が知られずにいる事は、もったいないなぁと感じます。


今回もポチッとお願いします。


人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
store
Recommend






フリーエリア