FC2ブログ
 

Life Begins at Forty

充実した50代を過ごす為に、何が必要かを探していきます
 
 
プロフィール

masaru.s

Author:masaru.s
自分の人生に折り返しがあると
するならば、今がそれにあたる
かもしれない・・・ 最近、そう
思う様になりました。40代は、
人生の折り返し地点かもしれま
せんね。

Life begins at forty

『人生は40歳から』
この諺にあるように、これから
の暮らしや生活の中で、少しだ
け気持ちを豊かにしてくれる様
な出会いを、皆さんと探してい
けたらと思っています。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
mail

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブロとも申請フォーム
FC2アフィリエイト

2本目です 古いGshockの生きる道・・・ 今回はいろいろやってみた 

先日、Gshockを活かす記事を書きましたが、実はもう一本ダメになりつつ
あったのです


■DW-069BK 1VJF


RIMG1888.jpg

ベゼルが濡れた様に見える部分が分解が始まっているところです。そして分解
時に出るガスでガラス面の内側も曇ってます。

このモデルは “DW-069BK_1VJF” 2001年3月発売のモデルです。闇をテーマ
にした“リアルブラック”というモデルで、液晶も反転して尚且つ赤いので、文字盤
が読みにくいモデルなのです。

とにかく、このままではベゼルがダメになってしまうので、ベゼル交換にトライ!


■ベゼル交換


こちらのモデルも既にカシオからは見放されておりますが、このモデルはもともと
DW6900と同型なので、そのパーツならば結構手に入ります。

今回もアマゾンでポチっ

DW6900用ベゼル

交換は固定ビスを外すだけでOKです。せっかくなので電池を交換し内部の清掃
も行いました。

RIMG1890.jpg

ケース内側の表示板も取ってあげると、その跡が残るくらいに汚れている事が
分かりますね。きれいにふき取ってあげればOK!

分解した逆の手順でくみ上げていきます

RIMG1934.jpg

ガラス面の曇りも取れて、リフレッシュ完了です

なんだか新しいモデルになったみたい・・・


でも・・・


やっぱり文字盤がやっぱり見にくいんです

そこで、思い切って文字盤の反転と、ベルトの交換もやってみる事にしました。


■液晶画面の反転とベルトの交換


液晶画面って、偏光シートによって黒白が反転している事はご存知でした?
僕も理屈だけは知っていたのですが、今回初めてのトライです。

まずは偏光シートをアマゾンでポチっ のり付きと無しが選べるので僕はのり付き
を購入しました。

偏光シート250角 粘着あり BS250


まずはモジュールを取り出します。表面に偏光シートが貼られているので
丁寧に取り外します。

RIMG1937.jpg

剥がした偏光シートをかざしてみると、その部分だけ液晶表示が出ますね

理屈はわかっていても、なんだか不思議です。偏光シートは粘着剤で張り付いて
いるので、それも丁寧に剥がして掃除します。

RIMG1938.jpg

購入した偏光シートを同じ大きさに切り取ります、その時に角度を間違えると
また同じ表示になってしまうので、気を付けましょう! 90度回転させると黒白
が反転します。

RIMG1940.jpg

これで液晶の反転に成功です。ちなみに赤く見えるのは液晶画面が赤く色付け
されているからで、これは変更できませんが、偏光シートはカラーが着いたもの
も存在するので、それを選んでも良いかもしれませんね。

続いて、ベルトの交換です。ベルトも純正品がまだ手に入りますが、他社で
生産されたものも使えますので、お好みでカスタムしてはいかがでしょうか?
僕も今回は純正品では無いものをチョイス


DW6900用ベルト

ベルトの交換はそんなに難しくないので、ここでは写真は省きます

そして完成

RIMG1909.jpg

様々なパーツが組み合わさったので、オリジナルからは遠い存在になって
しまいましたが、これでまたしばらく使えると思います。新鮮な感じがしますね

この程度の改造であれば、十分作業ができるのだなと実感しました。自己責任
ですけどね

でも、既にメーカーの対応が受けられないモデルなので、自分なりに手を加えて
上げる事も、時計や製品に対する愛情の証なのだと思います。



今回もポチッとお願いします。


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://lb40.blog69.fc2.com/tb.php/103-bab75807
store
Recommend






フリーエリア